4つのストレス

いくらマッサージへ行っても整体へ行ってもよくならなかったのは、自律神経が原因だった!??

自律神経がのバランスが崩れる原因とか、その他いろんな病気の原因「それってストレスやね~」 って、、、言われるの、そのストレスっていったい・・・???

 【ストレス】って聞くとまっさきに思い浮かぶのは「精神的なストレス」ですよね。

  

実は私もそう思ってましたが、でも実はそうではなかったのでした。自律神経のバランスを崩す【ストレス】とは、、、4つに分類されていたのでした!!!

●ストレスの 4つの分類

 

 

① 精神的 ストレス

 (仕事、人間関係、お金、など・・・)

 

② 身体の歪み(構造的)の ストレス

 (歪みからくる痛み、苦痛、不調など・・・)

 

③ 科学的 ストレス

 (食事、食品、薬 など・・・)

 

④ 温度・湿度 のストレス

 (暑すぎる、寒すぎる など・・・)

 

これらのどれか一つでも ストレスを感じていると 自律神経のバランスを崩す原因となります。私たちは、自律神経の乱れを整えるために3つのことを実践しています。

 

その3つとは・・・?

  • 生活習慣を整える

自律神経というのは、人が生きていく上で自動的に働いてくれるもので、夜になったら眠くなる、朝には目が覚める、お腹がすく、暑いと汗が出る、寒いと筋肉を固くし熱を発する、暗いところでは瞳孔が開く、眩しい時には瞳孔が小さくなる、身体が傾くと身体の水分も傾いてバランスを取る、などです。

 

体内時計もその一種で、朝の太陽を浴びた時間から、眠りに必要なホルモンを分泌します。

まずは、朝には朝の活動をし、夜は、22時就寝を目標に生活のリズムを取り戻していただきます。または、それに近づける生活に戻していただきます。(※ 自然治癒力を一番発揮する時間 22時~2時)

 

  • 食事(サプリメントなど)、添加物、カフェイン、白い砂糖などの栄養素の改善とカフェイン、小麦粉、タバコ、多量の飲酒の指導

取り入れていただきたい栄養や、やめていただきたいものなど、(やめれないときには、心理的アプローチも必要に応じて取り入れながら)をお願いすることもあります

 

  • 整体

まさに字のとおりで体を整える。 身体の歪みをととのえ、こわばった筋肉をゆるめることにより、身体のエネルギーの流れを改善していきます。 呼吸、血流、エネルギーの流れを整えることによって、自律神経のバランスを改善します。

 

 

  • (必要に応じて) 心理的ワーク、カウンセリングも実施

<思考のワーク・気づき>

ストレスを受けやすい、ストレスに弱い(と思っている)かたには、やはり思考の癖があります。それは、幼少期から遡ることもあります。ただ、幼少期の体験は体験で、その時その性格を身につけることによって家庭のなかで生きやすい手段だったものが、、一般社会に出るとそうじゃなくなることもあり、 幼少期のときに身につけたスキルのままでは、生きにくさを抱えてしまって、身体の不調となっている場合も多くあります。 思考のワークをしていくことにより、気づきや発見があり、そのことに取り組むことで、改善していくことにより、心身ともに健康を取り戻していかれるかたもたくさんいらっしゃいます。 また教育やしつけにより、”鵜呑み”にした認知の歪みが原因で思考の癖がついていることもあります。認知の歪みに気づく取り組みも体の症状を変えていく手がかりになりやすいです。

 

「成長がなければ病気はよくならない」ゲシュタルトの言葉から

 

<ストレスの対処法のワーク>

ストレスとは刺激。 ストレスは誰にでもあるもの、そして・・・ストレスとはいっけんプラスに思えるような、昇進、昇格、結婚、出産、出世などの環境の変化にもじつは人はプレッシャー(ストレス)を感じているのです。逆にストレスのない世界では人は生きていくことができないとも言われています。

 

心身にストレスが負担となり、なんらかの症状が出てしまった場合には、その”ストレス”を軽減していくことが望ましく、その軽減していく方法

(情緒的サポートが受けれる環境、ストレスの対処法、体力のつけかた、自己尊重感のあげかた)を学び、実践していくことで症状を改善していきます。

ライフイベントストレスチェック
NHKスペシャルのサイトからお借りしました…一年間に経験したイベント(出来事)を合計して、どれくらいストレスが蓄積しているかを把握する方法です。大阪樟蔭女子大学の夏目誠さんたちのグループが、日本でおこなった調査を基に点数を定めました。


自律神経整体は、ほんとはみなさんに受けて頂きたい!

私は、鬱じゃないし・・・

私は、鬱じゃないし・・・

と、自律神経整体を選ばれることを拒まれるかたもいらっしゃいます。

 

自律神経整体は、もちろん鬱のかたも施術を受けられていますが、一般整体ではなかなか取れない身体の緊張や、力みの抜けない方が受けてらっしゃったり、また、家庭や職場でストレスにさらされている心身をリラックスさせる目的で受けてるかたもいらっしゃいます。

 

自律神経整体を受けられるかたの症状別ランキング

  • 眠れない、眠りが浅い、不眠
  • 疲れが取れない
  • やる気が出ない、楽しくない、気持ちが上がらない
  • めまい、耳鳴り
  • 病院へ行ったら鬱の薬が出たが、薬は飲みたくない
  • 不安になる
  • 動悸
  • 息苦しい
  • 胃や腸 お腹の調子が悪い
  • 季節の変わり目についていけない(時季的に体調を崩す) 他